スポンサーサイト

  • 2016.03.25 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    輝きは閃光のように

    • 2015.10.29 Thursday
    • 18:30
    俺もあと十日後には結婚するということで、なんとなく自分の今までを振り返ってしまいがち症候群に陥っています。結婚はやっぱり特別ですよ。俺の中で一つの区切りといいますか、第一部・完!みたいな感じがあります。

    俺はもしタイムマシンを手に入れたとしても、過去には行きたくない、未来を見るのも怖い、ということで結局はタイムマシンに乗っても現在に来るというなんだかよくわからないことになっているのですが、それはなぜかというと今まで生きてきたなかで辛い経験もそれなりにしてきているからです。よく過去に戻ってやり直したいなどと言っておられる方がいますが、正気ですか?と問いたくなりますね。またあの地獄のような受験勉強や、猛毒の触手に絡まったような人間関係に悩んだりしないといけないなんて嫌すぎるでしょう。かくいう俺もずっと前に「この人生を”つよくてニューゲーム”したい」などとブログに書いたような気がするのですが、今の俺ならわかる、もしも今のこの記憶を持ったそのままで小学生からやり直したとしても、調子に乗っていられるのはせいぜい小学校の間くらいである、と!なぜなら現在の俺の能力(脳力)は冷静にどう贔屓目に見積もっても小学生レベルだからです、悲しいことに!おそらく高校受験のあたりでは、もうそこらへんの中学生と同じレベルになっていることでしょう。さらに「つよくてニューゲームまでして普通の中学生に負けている!」というこの事実はきっと俺の心を砕く。そうなったらもうケガが治ったと思ってバスケしたらまたすぐに痛めてしまってその間にゴリにレギュラーを奪われた三井寿どころの騒ぎじゃないですよ、人ではなくなってしまう!

    もちろん辛い過去ばかりだけでなく、今だから笑えることだとか、あの時あんなことがあったなあとか、こんな俺にも人並みに思い出はたくさんあって、そういうものをこれから少しずつでもブログに書いていけたらいいなあ、と思っています。結婚後しばらくはPCの無い生活になりますので更新速度はゆっくりになりますけどね!いつも通りだ!

    さて、先ほどの”つよくてニューゲーム”の話に戻りますが、あらゆる娯楽の結末を知っている人生なんて不幸ですよね。何が悲しくてもう結末の知っている漫画が連載されているジャンプを毎週読まねばならないのか。現在の未来を捨てて過去に戻ったって良いことなんて何もありません。現在から逃げた未来にも希望などないでしょう。LUNA SEAも『この胸の奥深く灯した炎は 探し続けている未来を照らす』(「FOREVER&EVER」)とおっしゃっておられました。小さな炎かもしれませんが、鈍色のくすんだ光かもしれませんが、たとえ一瞬でもせめて閃光のように現在から未来を照らすような人でありたいと第二部の俺に言い聞かせています。

    コマさん

    • 2015.08.12 Wednesday
    • 10:00

    俺の幼馴染み(32歳)が描いたコマさん
    あえてつっこまない。

    彼はイケメンで性格も良くて仕事も超できるのですが、文字と絵が下手なところでバランスが取れているなあと思うのです。イケメンにとっては短所も萌えポイントでしかないのですけどね!!

    LUNATIC FEST.

    • 2015.07.04 Saturday
    • 00:00

    時代が生んだ幻の華が咲き乱れる狂おしい奇跡のフェス
    2015年6月27日、俺は始発に乗って幕張メッセに向かいました。ジャンプ黄金時代の連載陣のようなバンドしか出ないLUNATIC FEST.(ルナフェス)の、1日目に参戦するためです。
    秋に結婚を控えたこの時期にルナフェスで散財していていいのだろうか……とギリギリまで行こうかどうか迷っていたのですが、彼女の「そんなん行くしかないやろ!」の一言で行くことに決めました。俺のお仕事は土日を休み辛いのですが、いろんな方々の協力でお休みすることが出来て、無事ルナフェスに参戦することができました!年齢を重ねるごとに身動きがとりづらくなるものなのに、この時点で俺はいかに今の環境に恵まれているのか、本当に感謝しかありません。

    先に全体的な感想を書いておくと、とにかく疲れた!!本当に疲れた!!これに尽きます。ここ何年かはAlice Nineのワンマンライヴくらいにしか足を運んでいなかったので何組もバンドが出演する対バン的なイベント自体が久しぶりだったのもありますが、もう本ッ当にむちゃくちゃ疲れました。俺が今までのライヴで一番疲れたのがKISAKI主催で真夏の野外にて行われていた”びじゅある祭”だったのですが、ついにルナフェスに更新されました。フェス形式なので、ステージが3つ、たくさんの物販、フードエリア、と盛りだくさんのブースがあり、またそれぞれが全て恐ろしいほどの行列になっており、何か一つのことをするだけでもとてつもない待ち時間が発生するのです。1行動につき何バンドかは見逃してしまうというヘヴィな状況ですよ。

    俺は9時45分に会場入りをし、まずは物販に並ぶことにしました。ここまでは計画通りですよ。オープニングアクトのLUNACYが11時10分からなので、さすがに1時間半近くもあればそれまでに物販を買って、あとはずっとステージに張り付いて狂おしい奇跡のフェスを目に焼き付けるだけですよね。
    ところがどっこい、物販の列が尋常ではなく俺は1時間以上並んでもまだ全体の半ばくらいの位置にいました。どう考えてもLUNACYに間に合わないので、並んでいた列を抜けてステージへと向かいました(苦渋の決断)。LUNACYを観たあとはまたすぐに物販に並んで、1時間半ほど並んでやっと買うことができました。今までで一番並んだ物販はAlice Nineの武道館かシドの大阪城ホールあたりだと思うのですが、それでも1時間も並ばなかった気がしますね。


    死ぬほど並んで買ったルナフェスTシャツ
    13時すぎの時点で物販もそこそこ売り切れてきていました。

    その後、お腹がすいたので御飯を食べようと思って屋台に向かったら、(お昼時だったというのもあるかもしれませんが)ここもまたありえないくらいの行列なんですよ。さすがに物販であんなにも並んだ後というのもあって、ゲンナリですよ。俺は「ルナフェスを飲まず食わずで戦う」という、登りゆく朝日よりも明るい輝きで道を照らす覚悟をしたのでした。しかし、このクソ暑いなかでドリンクすらも超並ばないと満足に提供されないっておかしくないですか?それとも、どこかでちゃんと提供されていたのですか?御飯とドリンクの列が一緒っていうのは非効率ですよね。お腹がすいて喉もかわいて第一話冒頭で荒野をボロ布1枚でフラフラ歩いて「水をくれないか」とか言ってるケンシロウみたいになっている俺の目の前に広がる圧倒的な行列。ここから見る景色はまさに地獄。また皮肉なことにこのフードエリアの名前が「EDEN」っていうんですよ。俺にとってはこんなのEDENじゃない、エナメルの夜に招かれた絶望ですよ。

    不満もありましたが、本当にものすごい素晴らしいライヴでした。先ほど書いた通り、生きてて一番疲れたライヴはルナフェスですけれど、一番素晴らしかったライヴもまたルナフェスですよ。RYUICHIもおっしゃっておられましたが、ジャパニーズロックの歴史が積み重ねてきた層を具現化してステージに落とし込んだような、本当に素晴らしいライヴでした。途中、ふと気付いたら涙が頬をつたっていたことが何度もありました。これはきっと一生忘れない思い出になるでしょう。

    この記事を書いている時点で7月3日ですが、まだ俺の魂は幕張から帰ってきていません。ルナフェス症候群です。ルナロス(LUNATIC LOST.)です。
    続きでは、各バンドのステージについて触れていきたいと思います。
    続きを読む >>

    Pure Again

    • 2015.05.25 Monday
    • 22:30


    昔からずっと頭にこびりついて離れないメロディがあって、しかしその曲が一体誰の何の曲なのか、曲のタイトルは何なのか、ずっと分からずにいました(誰にでもそんな曲の1つや2つはあるでしょう?)

    それは中学か高校のあたりに聴いていたラジオ「宮村優子の直球でいこう」の番組内でやっていたラジオドラマのエンディング曲で(何のラジオドラマかも思い出せない)、歌詞も『波打ち際でなんちゃらかんちゃら』(それもサビじゃないところ)しか分からず、途方に暮れておりました。しかし、つい先日のことです、偶然みつけてしまったのです!!この感動を一体どんな言葉で表せばよいのでしょうか。筆舌につくせぬ。

    それはゲーム「ブレスオブファイアIII」のエンディング曲で「Pure Again」という曲でした。なるほど、ゲームのラジオドラマを番組内でやっていたのでしょうね!記憶の引き出しが開きました。スッキリした!もう18年も前の曲ですよ……!

    今聴いても決して”思い出補正”だけでは説明のつかない素晴らしい曲ですね。
    この曲はゲームサウンドの作曲を担当した社員の女性2人が、そのままヴォーカルを担当して歌っているそうです。CAPCOM頑張ってるな〜!これは本当に良い仕事だといわざるをえません。この澄んだ歌声は、妙にノスタルジックな、もう戻れないあの日を思っては胸がぎゅうっと締め付けられるようなそんな気持ちにさせられます。決して過去に未練があるわけではないのにね。

    祝福しろ

    • 2014.11.26 Wednesday
    • 21:00
    iPhoneImage.png

    来年2015年の11月に結婚式を挙げることになりました。
    正確な日時も場所も既に決まっていますが、プライベートなことなのでこれ以上のことは書かないでおきますね。
    式のみ、親族のみで、友人たちを招いた食事会のようなものは再来年にでも開けたらいいな〜と考えています。
    普通こういうのって彼女の方が披露宴をやりたいとか、たくさんドレスが着たいとか、人をいっぱい呼んで派手にやりたいとかあるものだと思っていたのですけれど、彼女と彼女の家族さんから「披露宴のようなことはやりたくない!」という強い意向もありまして、こういうかたちに落ち着きました。彼女曰く、「みんなの前で馴れ初めを話されたり、幼少の頃から今までの写真がスライドショーされたり、ケーキ入刀してあーんして食べさせたりとか、拷問やん!スポットライト浴びて、ケーキ切って、キャンドルつけて、テーブルまわりたいと思わないの。人のに行くと楽しいけどね。自分は恥ずかしいかな」だそうです。俺もそう思う!披露宴は気乗りがしない、というかぶっちゃけると嫌だったので(男性のほとんどはそうだと思うのですが笑)、なんだか肩の荷が一つおりたような気持ちです。まず招待する人に気を遣ってしまいますよね。こんな俺なんかのために大切な時間を割いていただくのも申し訳ないですし、さらにはこんな不況なのに御祝儀とか絶対にいらないですよ!食事会なら御祝儀なしの会費(純粋な食事代)だけで開けますし、とても気楽です。披露宴であれやこれやをするなんて、想像しただけで緊張して食べたものをもどしそうになります!!

    ぼんやりと来年に結婚を……、と今年の夏頃から二人で少しずつ話し合ってはいたのですけれど、俺は「結婚」というものを具体的に考えるにしたがって、どんどん不安になっていきました。来年結婚するっていうのに、今の俺はなんとなく地に足がついていない宙ぶらりんな感じで、決してお給料が高いとはいえない福祉のお仕事をしながらうまくいかない漫画を描いていてさらに最近はミニ四駆にお金まで使って、もっと言うとパズドラにも3カ月に1回くらい課金していますし、正直プレステ4も死ぬほど欲しい!!俺は一体何をやっているのだろう、このままでいいのだろうか……、とお仕事をしていても漫画を描いていてもミニ四駆を組んでいてもゲームをしていても妙な罪悪感にさいなまれるようになってしまい、とうとう会社で「セイジはマリッジブルーではないか」という声まで聞こえるようになってしまいました。ハンターハンターの針が抜ける前のキルアじゃないですけれど、俺はいつも常に最悪の状況を想定して勝手に不安になって悩んでしまうのです。

    iPhoneImage.png
    針が抜ける前のキルア
     
    思い切って彼女にそのことを話してみたら、「好きなこと全部したらいいやん。結婚したいのは一緒にいたいからで、特にしてほしいことはないよ。守ってほしいとか、そんなんないもん。心にスプリガンいるし」と言われまして、驚くくらい一瞬で悩みが解決いたしました。
    そもそも様々な困難にぶつかることも覚悟したうえで選択して今まで走ってきた道だったではないか!と、あらためて気付かされました。いろんなことにせいいっぱいで見えなくなっていたのです。俺の尊敬する承太郎さんも、「『道』というものは自分で切り開くものだ」とおっしゃっておられました。まさにその通りですよね。最初から困難であることは想定済みだったはずなのに、そのうえでこの道を走ってきたはずなのに、今さらウジウジと一体何だというのでしょう。決して彼女に甘えるわけではないのですが、抜き差しならない事態に直面したならば、またその時に考えて行動すればよいだけのことではないでしょうか。ただ俺に覚悟が足りなかっただけなのでした。今は初心にかえったような清らかな気持ちです。彼女はすごいな!と。彼女がいれば俺は何でもできるぞ!と。そう思いました。これも結婚を決意した出来事の一つです。
    ※スプリガン=漫画「スプリガン」に出てくる主人公・御神苗優(おみなえゆう)というキャラクターが彼女の一番好きな人です。

    せっかくの機会なので、結婚にいたるまでのあれこれを少し振り返ってみたいと思います。
    ノロケ話みたいなものなので、続きに書きますね。
     
    続きを読む >>

    ミニ四駆に復帰しました

    • 2014.10.15 Wednesday
    • 21:00




    約20年ぶりにミニ四駆に復帰しましたので、専用のブログを立ち上げました。よろしくお願いします。

    週刊 ミニ四ハムスター

    この『六月病。』はこれからもマイペースに更新をしていく予定です!
    とりあえずは近いうちに一泊二日で香川に旅行した時のことでも書きたいなあと思っています。

    夢の赤おでんシステム

    • 2014.07.13 Sunday
    • 20:30

    2000円も課金して挑んだ昨日のゴッドフェスがこちらです。
    5回でこの結果なのですが、うーん、シヴァが出たからまぁいいか、という感じ(本当はヨミが欲しかったんだよォォーッ)。劉備は……なかなか使えそうなスキルだとは思うのですが、今の俺の手持ちでは持て余す感じですね〜。俺のBOXで使える木属性が、クシナダ姫とエンシェントドラゴンナイトしかいない。セイレーンと火ゴーレムは既に食わせ、ヴァル(ワルキューレ)はいずれ究極分岐がくると信じて取っておくことにしました。


    前回のゴッドフェスを1度だけ回したら、なんとフェス限定の中でもレアと名高い赤おでん(幻神オーディン)が出まして、ステータス優秀(HP4000オーバー、攻撃力2000オーバー)、スキル優秀(大体のザコ1撃&超猛毒で高防御力貫通)、覚醒優秀(火列強化3つ&スキブ3つ搭載)、とたった1体で戦局をひっくり返すほどのポテンシャルを秘めた初登場時のフリーダムガンダムばりの恐ろしい強さを発揮しております。特にその極みが”赤おでんシステム”と呼ばれる、超高速のダンジョン周回でしょう。主にプラス卵集めに使われるのですが(俺は経験値稼ぎも兼ねている)、俺の場合だと天上の海原4F「空と海の守護者」をチャレンジモードでフレンド全部赤おでんにしてひたすら回しています。1F・2Fを普通にパズルで倒して、あとはスキル使うだけ(6Fだけスキル×2、ボスはスキル×1と適当にドロップ動かして超猛毒ダメージで倒す)。ほぼ作業(通称:槍投げ)。1周を約1分で回せるので、経験値稼ぎが非常にはかどります。おまけにプラス卵が手に入るみたいなそんな感じです(月曜日だけは封印の塔を回しています)。最近はスタミナをただそれだけに費やしていますね。パズドラが作業ゲーになりつつある!


    赤おでんシステムの恩恵で俺のサクヤがやっと+150。
    俺のメインパーティーはこの麒麟パなのですが、どうにもこうにもヘライースのスキル(ギガグラビティ)が重い!麒麟パはスキル溜めが難しいので、どうしてもギガグラが溜まりきらないうちにボスを倒さなければならない状況になってしまう。ギガグラのスキル上げをしなければいけないのだが、しかしそれは茨の道ぞ……!!もうそれならばいっそヘライースの代わりにジークフリートを入れてしまった方ががいいのだろうか?とも考えています。アポロンのスキル上げもしたいのですが、なんとかなりませんかね〜!

    ★7/11(矢野兵動の兵動さんのラジオがすごく面白くて金曜日の午後12時〜15時は聴きながら作業しています)
    朝ごはん:ごろっと大豆のグラノーラ+牛乳
    昼ごはん:白御飯、ミートボール、サラダ
    晩ごはん:天ぷら冷やしぶっかけうどん
    その他:豆乳、チューハイ
    運動:さぼった

    ★7/12(福祉のお仕事がすっごい減っていたのに少し増えた。世の中なんとなくうまいことなってるんですかね〜)
    朝ごはん:たまごかけ御飯
    昼ごはん:白御飯、サーモンのお刺身、大根の千切り、揚げシューマイ
    晩ごはん:白御飯、豚のしょうが焼き、サラダ
    その他:ビール、アイスクリーム
    運動:ジョギング

    ★7/13(新海監督の「言の葉の庭」をまた観た。Blu-ray買ってよかったと思えるくらい何度もリピートで観ている作品です)
    朝ごはん:ツナマヨのおにぎり、ネギトロのおにぎり(サークルKサンクス)
    昼ごはん:白御飯、豚のしょうが焼き、サラダ、野菜ジュース
    晩ごはん:味噌ラーメン、唐揚げ、ポテトサラダ、春雨サラダ、チューハイ(パイナップル)
    その他:アイス
    運動:腹筋

    うさうさ脳

    • 2014.07.10 Thursday
    • 20:00


    俺は「さう脳」でした。
    理想と現実のギャップに苦しむ自己矛盾型……、大きなお世話だよォォーッ!!
    これ親友のパリスがやれやれ言うからやってみたんですけど、意外と否定できない結果がでるという。ちなみに、パリスも彼女も「うう脳」でした。結構当たっているんじゃないかこれ……。

    そんな俺と彼女とパリスの3人で、9月に香川県で行われる崇徳天皇(日本三大怨霊の一つ)のイベントを観に行くことになりました。一泊二日で行くのですが、香川県のオススメスポットなどあれば教えていただけると嬉しいです!

    ★7/10(今日は休みだったので執筆作業をさぼって妖怪ウォッチ2をやって昼寝してたらもうこんな時間になりました)
    朝ごはん:なし
    昼ごはん:BLTモッツァレラバジル、ポテトM(マクド)
    晩ごはん:カレーライス
    その他:豆乳
    運動:さぼった(さぼってばっかりだー!)

    夏のFree&Easy

    • 2014.07.09 Wednesday
    • 22:00


    乃木坂46 の「夏のFree&Easy」を購入してきました!乃木坂はいつだって俺を裏切らない。絶対的な味方なのです。乃木坂のファンはみんな抱えていることだと思うのですが、乃木坂は決して落ち込んでいる人間を無理やり叩き起こして前向きに明日へ向かえー!などというようなアイドルではないです。落ち込んでいるときや辛いときに静かに隣に寄り添ってくれる、そういうアイドルなのです。自分が自分であることができる。殻を破れとか情けない自分を変えろ!というわけではなく、そのままの自分で良いんだよ、と肯定してくれるのです。全メンバーの名前や性格を詳細に理解しているわけではない俺みたいなファンでも、こう思うのです。ガチのファンなら日常生活のよりどころになっていても不思議ではない。

    「夏のFree&Easy」はまぁガールズルールの路線ですよね。どちらかというと大衆的な王道アイドルPOPという感じでありますが、乃木坂が歌うとちゃんと乃木坂になっているのがすごいところです。PVも可愛くてえろくて最高素晴らしくて安心しました!(乃木坂はメンバーが死んだりする意味の分からないPVも多いのです笑)ターンするたびにドキドキしながらスカートを見てしまう!!
    ポカリのCMなんかで是非とも使っていただきたい曲ですよね。群青色の空と入道雲をバックに砂浜でさわやかに汗をかく白の半そでカッターシャツの制服姿で、さらにメンバーそれぞれのバージョンを作ってくださったらポカリをケースで買いますけどね!!みんなが得する企画をよろしくお願いいたしますよ!!

    乃木坂といえば、カップリング曲が名曲揃いなことでも有名ですが、今回もまた例に漏れず素晴らしいですね!明らかに表題曲よりも良い曲を配置してきていますよね!「何もできずにそばにいる」は乃木坂が乃木坂たる核でもある部分が表現されているのではないでしょうか。いいんだよ、決して君が無力に思うことはないんだよ、俺はがんばるよ!という気持ちになるよね。この曲を聴いたファンはみんなメンバーに全身全霊で伝えたいことでしょう、そばにいてくれるだけでいいんだよ!!それだけでいいんだよ!!涙が出てくるよ!!これは是非聴いていただきたい曲ですね。単なる偶像(アイドル)としてではない、もっと清らかな波動を感じます!

    乃木坂の新境地ともいわれる「ここにいる理由」も素晴らしいのですが(PVもえろい。口は内臓の一部だともいいますが、やはり何かを食べるという行為には性欲を感じざるをえない非常にあざといPVである)、今回は「無口なライオン」ですね。とりあえずPV観てくださいよ。



    これは某議員さんじゃなくても泣いてしまうよ!!
    乃木坂46とはかなりあやふやで壊れやすいキワドイ時期の”少女性”がテーマなのかなあ、などと俺はボンヤリと思っているのですが、それはもうこのラストのキスからの泣き顔に集約されていると言ってもよいでしょう。なんだか自分が男であることが悔しくなってきますよ……!!

    ★7/8(PCが使えなかったのでナチュラルにブログをさぼってしまった)
    朝ごはん:なし
    昼ごはん:ボンカレー、スパイシーチキン、野菜ジュース
    晩ごはん:白御飯、トンカツ、コロッケ、サラダ
    その他:サーティワンのアイス、豆乳
    運動:ちんたらジョギング

    ★7/9(最近CDプレイヤーが壊れたのでラジオをよく聴いています。AM1008)
    朝ごはん:ごろっと大豆のグラノーラ+牛乳
    昼ごはん:白御飯、トンカツ、サラダ
    晩ごはん:唐揚げ、ビール
    その他:ボテトチップス(コンソメパンチ)
    運動:腹筋

    星に願いを2014

    • 2014.07.07 Monday
    • 22:00


    今宵は七夕ですね。俺は毎年毎年「胃腸が丈夫になりますように」とちびまるこちゃんの山根みたいな願い事を書いていたのですが、一向に丈夫にならないし、織姫と彦星もさすがに俺が毎年同じことばっかり書いてゲンナリしているだろうし、今年はもうやめました。今年、俺が願うのは「精神的不老不死」です。フリーザの悲願である不老不死とはまた意味が違って、精神的不老不死です。現代科学では不老不死など不可能ですし、それならば心だけでも決して朽ちて滅びることがないように願うしかないのです。常に精神的に老いないようにしていたい、というのは20代半ばからずっと俺の人生のテーマでもありました。30歳を過ぎると、この世界は子供の頃の俺が信じていた世界ではないな・と思う瞬間もあったりして、本当に心が折れそうになることもあるのです。正しいことをしていても、とんでもなく痛い目を見ることだってある。優しい人が不幸になることもある。親友のトドは辛いことが重なって心を病んでしまった。もう離婚する友達もいる。いろんなことを諦めそうになるし、発作的に全てを終わらせたくなる瞬間だってある。それでもやはり子供の頃の俺が信じていたものを今でも信じていたい、と思うのです。「子供っぽい」は褒め言葉。年はとっても夢をなくしてはいけない。変わることだけが勇気ではない、変わらない勇気だってある。いろんなしがらみのある現実とも折り合いをつけないといけない部分だってどうしてもあるけれど、俺は諦めない。これは願いではなく、改めての決意である。

    ★7/6(妖怪ウォッチの「ジバニャンの秘密」て回を観て泣いた)
    朝ごはん:ごろっと大豆のグラノーラ+牛乳
    昼ごはん:カップヌードル(カレー)、野菜ジュース
    晩ごはん:白御飯、ハンバーグ、サラダ
    その他:カルピスソーダ、豆乳、パナップのグレープ味(アイス)
    運動:ちんたらジョギング

    ★7/7(執筆作業が上手くいかずにイライラしている)
    朝ごはん:なし
    昼ごはん:カレーパン、カツサンド(会社の近くの美味しいパン屋さん)
    晩ごはん:チャーハン、ハンバーグの(昨日の残り)、きゅうりの浅漬け
    その他:ガリガリくんのコーラ味
    運動:腹筋

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM